便が固くて出ない人の便秘と切れ痔を何とかする方法

便が肛門まで来てるのに固くて出ないあなた向けの情報です。りきみすぎて裂けてしまって切れ痔生活が始まったあなたもようこそ。便秘と痔の悩みを解消する情報をたまこちゃんとトイレ神がお伝えします。

きばらない、りきまないで自然に便を出す方法【精神編】

たまこ
なにこのタイトル?便はりきんで出すのが普通じゃないの?
トイレ神
ところがどっこい、簡単に自然に出す方法があるので、とっておきの方法を教えてやろう。
たまこ
え?りきまないで出すことができるの???
トイレ神
いろいろある。今回は精神編じゃ。

腸は意外と心の状態に影響される

f:id:mitrax:20170825200730j:plain

私たちの体は意外と精神の影響を受けやすい。特に胃腸。
強いストレスで便秘になったり胃が痛んだり、一度は経験があるのではないだろうか?

また、心がすーっとさわやかでストレスフリーな状態だと、自然に便意が起こったりする。

体と心は別だろうと思われているが、どうもそうではない…。ではこの現象をうまく使って便を排出できないか実験していたら上手くいったので、ご紹介しよう。

「ありがとう」という言葉には不思議な力があるらしい

…と、なにやらスピリチュアルな話になってきたが、今回はタイトルにもあるように「精神編」なので、便秘に対してちょっと不思議と思われるアプローチをしてみようと思う。

「ありがとう」と言い続けると不思議なことが起こるというのは、『ありがとうの神様』(小林 正観 ・著)という本に詳しい。興味深いエピソードが書いてあるので、少し要約してみよう。

この本の著者は、「ありがとう」という言葉を5万回言うと不思議な奇跡が起こり始める、ということを言っていた。

それを聞いた末期がんの患者さんが、もう手の打ちようがないなら試してみようということで1日1000回、100日間「ありがとう」と言うことを決意する。

1ヶ月経って、「ありがとう」を3万回言ったところで立ち上がって歩けるようになり、9万回言ったときには顔色も良く、体重も増え、10万回に到達したときに検査を受けると、全身のガン細胞が消えていたという。

簡単に書いたが、この話は前書きに出てくるので、詳しく読みたいという人はkindleの無料サンプルでも読むことができるかもしれない。興味がある方は試しにダウンロードしてみることをオススメする。


「ありがとうの神様」 小林 正観 (著)

腸に感謝したら・・・?

f:id:mitrax:20170825202832j:plain

この本を読んで思ったのは、腸に対して感謝してみたらどうだろうということだ。

考えてみれば私たちの胃腸は、私たちが毎日好き勝手食べた食物を懸命に消化し、吸収し、排泄してくれている。

しかし私たちは、やれ便の出が悪いだの、胃がもたれるだの、肛門が切れるだの、文句ばかり言って一度も感謝したことが無いのではないだろうか。

そしてトイレではふんばってきばって便を出している。さっさと出ろやと言わんばかりである。

排便時に腸に感謝してみた

そのような経緯で、私は排便時に「腸さんありがとう」と、なるべくピュアな気持ちで感謝する実験をした。

そうすると、スルスルッと便が出てくるではないか!

もちろん全くきばっていない。全身脱力である。

コツは、

「便が出て欲しいから感謝する」という見返りを求めた感謝ではなく、「今までこれだけのことをしてくれてありがとう」という、純粋な感謝をしてみることだ。

この2つでは心の状態に違いがある。何かを求めているときは少し心に焦りがあり、もしかしてイライラしていることもあるかもしれない。しかし何も求めないで今あるものに感謝していると、心が緩み、体も緩み、腸も緩むのだ。これがスムーズな排便に繋がるようだ。

また、声に出して「ありがとう」ということが意外と重要。何度か言ううちにスルリと便が出てくる。ただ、全く便意の無い状態だと難しく、少し便意を催してトイレに行ったときにスムーズに出す方法として覚えておいて欲しい。

この「ありがとう作戦」を実行すると、筆者はかなりの確率で成功している。しかし、出ないときは出ないこともある。そういうときは無理に出そうとせず、腸が出したいという時まで待つようにしている。無理強いはしない。感謝する。そんなふうに自分の体と付き合ってみると新しい発見があるだろう。

まとめ

たまこ
はえ~感謝ねぇ…ここそんなブログだったっけ
トイレ神
このブログを訪れる人は必死で便秘を解消したい人ばかりだ。効果のあった解決策は何でも紹介して、少しでも役立てて欲しいものだ。
たまこ
ま、確かに…。便秘対策は「できることは何でもやる」って感じよね。
トイレ神
そう!この方法は簡単でお金もかからないからな!ぜひ試してみてほしい。