便が固くて出ない人の便秘と切れ痔を何とかする方法

便が肛門まで来てるのに固くて出ないあなた向けの情報です。りきみすぎて裂けてしまって切れ痔生活が始まったあなたもようこそ。便秘と痔の悩みを解消する情報をたまこちゃんとトイレ神がお伝えします。

便秘に効くマッサージはジョギング?!効果的な走り方を解説

たまこ
便秘の人にはジョギングがおすすめって言われたから走ってるんだけど確かに効いてる気がするの。
トイレ神
そうだろう?便秘の人に運動は大事なんだぞ。走ることが腸のマッサージになるんだ。
たまこ
便秘にいい走り方ってある?いまいちコツがつかめなくて。初心者だからあんまり走れないし…。
トイレ神
それでは今回は便秘解消のための初心者ランニング、ジョギング講座だ。

便秘に効果的な走り方

私は毎日ジョギングを実践し始めてから便通が安定するようになった。逆に走れないと便が出ないこともあるくらい、便秘解消に影響があると感じている。

初心者でもラクに走れて便秘にも効く走り方を解説していこう。

f:id:mitrax:20160622150912j:plain

1.上体が上に引っ張られる意識

猫背で走るのではなく背筋を伸ばしたほうがラクに走れる。

背筋の伸ばし方は上に引っ張られる感覚が良い。頭だけ上に引っ張られるという意識ではなく骨盤底筋からとしたのは、そのほうが上体全部が上に伸びやすいからだ。

2.カンペル平面を維持しよう

カンペル平面とは、顔の角度のこと。鼻の穴と耳の穴が一直線に水平になる状態のことを指す(上の図を参照)。

すこし目線が上になると緊張が取れるのでジョギングに適した状態になる。

詳しくは下の動画の解説が優れている。

カンペル平面と対比してフランクフルト平面という言葉も出てくるが、頭の角度でこんなに体が変わって来るのかと思うはずだ。

動画でも言われているが、走るときにはカンペル平面を心がけてみよう。

3.力を抜いて腸が刺激される状態を作る

とにかくポイントは力を抜くこと。腕や肩は無意識に力が入ってしまいがちだが、力を抜こう。

そして全身リラックスしてゆっくりジョギングしてみると、走る衝撃で適度に腸が刺激される状態を作ることができる。速く走るよりもゆっくり走ったほうが腸が揺れているのが感じられる。

これを意識すると、「走っている」というよりも「腸のマッサージをしている」といった感覚になる。
力を抜いてリラックスしていると腸が刺激される感覚が気持ちよくなってくる。

便秘のマッサージだと思ってジョギングを楽しんでみよう。

4.速く走ろうと意識しすぎない

速い方がかっこいい気がしてついスピードを上げてしまいがちだが、速く走ることはそれほど重要ではない。

目的はあくまで便秘解消。それならば速度は二の次で、姿勢を正しくして腸がマッサージされるように意識してみよう。

最近は過度な負担のかかるランニングよりもスロージョギングのほうが健康に良いということが言われている。スロージョギングは運動をして来なかった人でも始めやすいし体への負担も少ない。ゆっくり走った方が腸を意識しながら走れるので便秘解消の意味でもこちらがおすすめだ。


スロージョギングで人生が変わる [ 田中宏暁 ]

まとめ

たまこ
走ると考えると大変なんだけど、腸のマッサージと考えるとちょっとラクに走れる感じする!
トイレ神
ジョギングを始めたばかりの時は走るということが大変なことにように感じるからな。マラソンランナーになるわけではないから気楽にいったほうがいい。   
たまこ
そうだね!走ることもマッサージと思ってやってみるよ
トイレ神
ランニング、ジョギングは便秘解消に効果的という声が多い。毎日30分からでもやってみることをおすすめするぞ。